会社にセクシャルハラスメントの責任を取らせたい時のページ!
セクシャルハラスメントは法律で禁止されている行為です

男女雇用均等法 第11条
『事業主は、職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必用な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない」
セクシャルハラスメントの内容
セクシャルハラスメントの交渉のポイント
対価型ハラスメント
セクシャルハラスメントにより、労働者が不利益を受けることです。
環境型ハラスメント
セクシャルハラスメントによって、就業環境が不快なものとなることです。
会社が負っている義務
セクシャルハラスメントによって労働者に不利益な扱いをさせてはいけない
          
セクシャルハラスメントによる、解雇・配置転換・降格・賃金カットなどは、全て禁止されています。法律違反として撤回させることが出来ます。
セクシャルハラスメントによって、不快な状態になったとき、雇用主は、セクシャルハラスメントに遭った労働者の相談にのり、必用な措置をしなければなりません。
同僚や上司が、勝手におこなった行為であっても、改善するようにしなければなりません。つまり、セクシャルハラスメントにあって、泣き寝入りする必要はありません。
セクシャルハラスメントに遭ったときに、しておくこと
何月何日、どこで、誰からどのようなセクシャルハラスメントを受けたのかメモを取っておきましょう。
セクシャルハラスメントを行った相手に、謝罪文などを求めましょう。
近くで見ていた人、声を聞いていた人に、証人になってもらいましょう。
不眠・イライラ・嫌悪感・恐怖・セクシャルハラスメントをした人の方に首が回らないなどの精神症状が出たら、すぐに医者にみてもらいましょう。労働災害の要素を持つこともあります。
すぐに労働組合に相談しましょう。
トップページ/目次/サイトマップ/労働相談ページ 
メール労働相談はこちらへどうぞ
全国一般三多摩労働組合トップページ目次職場の悩み相談・労働相談の窓口の案内労働相談、疑問と心配に答えるページの目次<セクシャルハラスメントの責任を取らせたい。
新ホームページはこちらから